So-net無料ブログ作成
SF の記事

銀色の恋人
16-12-30
銀色の恋人 (ハヤカワ文庫SF)作者: タニス リー出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2007/04メディア: 文庫 銀色の愛ふたたび (ハヤカワ文庫SF)作者: タニス リー出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2007/05メディア: 文庫 私が「この小説はすごく好き!」と思うとき、おおむね3種類に分かれることが最近わかってきました(笑) 1. ストーリーが好き 2. 登場人物の誰それが好き 3. 登場..

読んだことのあるSF
16-07-25
めけぽんビンゴ 読んだことのあるSF 読んで衝撃を受けたのは、幼年期の終わりと地球の長い午後。 地球の長い午後は個人的に全く好みじゃなかったんだけど、黄昏時代の地球の描写に圧倒された。 幼年期の終わりは、理由不要… ニューロマンサーは当時の私には難しすぎた(;´・ω・) 今ならもう少し概念を理解できるのかも…?と思いながら、読んでいない。 文庫手放しちゃったみたいで家にないしなー… 夏への扉とアルジャー..

総選挙
16-07-12
銀背&青背SFダブル総選挙開催のおしらせ【銀背】#SFシリーズ発掘総選挙| https://t.co/uQVDvwXPt0【青背】ハヤカワ文庫 海外SF デジタル化総選挙 | https://t.co/wpRO5lDZi0 推し作品へ、ぜひとも清き一票を!— 早川書房 (@Hayakawashobo) 2016年7月9日 銀背はそもそも買ったことがないので(あああ…)棄権しましたが、青背は! 青背は投票せねばなるまい..

萩尾望都SF原画展
16-05-22
札幌から行ってきました、吉祥寺美術館。 知らないところは迷う程度に方向音痴なので、吉祥寺駅から5分程度の場所に行きつくまで小一時間さまよいました(笑) 入場料は100円。 企画展(萩尾望都展)以外にも、常設展示のお部屋も見られるそうなんですが、集中力が持たなかったので萩尾望都展だけ。 図録に載っている原画の展示だったのですが、印刷と原画ではこんなに差があるのかー!と衝撃でした… 萩尾望都 SFアートワークス..

悪夢機械
15-10-24
※Amazonリンクの画像が小さすぎ  H・R・ギーガーの表紙、薄暗いところで見ると本を思わず投げ飛ばしそうになるぐらい、薄気味悪い…  明るいところで見ると、なにが怖いのか伝わりにくいけど  まさに悪夢(笑) P.K.ディックの短編集。 昔は新潮文庫とかでもディック(というかSF)出版してたんだなー。 ディックのほかの邦訳短編集とかぶらない(出版当時)、という基準で選出された短編10篇。 以下、これ以上ないと..

ふるさと遠く
15-10-19
ふるさと遠く (ハヤカワ文庫SF)作者: ウォルター テヴィス出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1986/09メディア: 文庫 もし、60~70年代の映画がお好きなら、『ハスラー』や『地球に落ちてきた男』というタイトルをご存知かもしれない。 『ふるさと遠く(Far From Home)』は、それらの映画の原作を書いたウォルター・デヴィスの短編集。 初版は昭和61年(1986年)。 おそらく私は90年代に手に入れて..