So-net無料ブログ作成
検索選択
Books の記事

軽く読める本も好き
17-02-01
昨日ふと「エンゼルハート」を思い出し、原作本である『堕ちる天使』が読みたくなって探したんですが、どうも売り払ったようで(バカ…私のバカ!!!)、1時間かけても見つからない(;ω;) それで、ハヤカワNVつながりで『機械仕掛けのオレンジ』を読もうと思ったら…これも見つからない…ああ… 手放した本を読み返したくなった時、電子版でも紙媒体でもすぐ手に入るといいですけど、そうじゃないと非常に切ない気持ちになりますね。 ああでも『機械仕掛け..

最近のこと
17-01-28
昨日の札幌は雨模様でした。 半端に暖かくなって雨が降ると、その後の道路状況は非常に劣悪となるので、雨は春になるまで降らないでほしい…(´・ω・`) ブレーキかけても止まらないとかね、恐ろしいです。 最近の私は、ずーっと守り人/旅人シリーズを読んでいます。 (今、『神の守り人』を読み終えたところです) 新潮文庫版『神の守り人』の解説は児玉清さんで、こんなことを書かれていました。 そして、この物語に登場する人物た..

白と黒
17-01-18
白と黒 (角川文庫)作者: 横溝 正史出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 1974/05/21メディア: 文庫 これは東京?の大きな団地を舞台にした話です。 いや、東京じゃないのかも。 東京の(というか、全世界的に)地理とか地形とか、鉄道沿線とかに疎い私は、冒頭でS・Y先生が横浜球場を遠く眺める草っぱらがどこなのかさっぱりわかっていません(;'∀') 横溝先生が成城にお住まいだった…という..

金田一耕助シリーズ 数冊
17-01-12
悪魔の降誕祭 (角川文庫)作者: 横溝 正史出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/08/25メディア: 文庫 金田一耕助シリーズのタイトルは『悪魔の○○』が多くて、記憶力に乏しい私は本屋へ行く子供に「本、買ってきて」と頼むときに、あれ?なんてタイトルの本を頼もうと思ってたんだっけ??という状態によくなります。 実際、間違えて持ってる本を頼んでしまいました。 うちには『悪魔の手毬唄』が2冊…なんでこんな有名どころを..

銀色の恋人
16-12-30
銀色の恋人 (ハヤカワ文庫SF)作者: タニス リー出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2007/04メディア: 文庫 銀色の愛ふたたび (ハヤカワ文庫SF)作者: タニス リー出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2007/05メディア: 文庫 私が「この小説はすごく好き!」と思うとき、おおむね3種類に分かれることが最近わかってきました(笑) 1. ストーリーが好き 2. 登場人物の誰それが好き 3. 登場..

最近読んだ本・数冊
16-09-09
巫女の棲む家 (中公文庫)作者: 皆川 博子出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1985/08メディア: 文庫 胡散臭いインチキ降霊術師と、降霊術に振り回される人々の話です。 というと、なんだかドタバタ喜劇のようですね…(;´・ω・) あらすじを書くと、大陸に渡った少年が引き合わされたフランス人から『降霊術』を仕込まれ、成長する。 男のたった一人の肉親である姉は、戦争のどさくさで慰安婦とされ、性病をうつされたのち、何者か..