So-net無料ブログ作成
検索選択

前の10件 | -
Wednesday February 01 2017 category:

軽く読める本も好き

昨日ふと「エンゼルハート」を思い出し、原作本である『堕ちる天使』が読みたくなって探したんですが、どうも売り払ったようで(バカ…私のバカ!!!)、1時間かけても見つからない(;ω;)
それで、ハヤカワNVつながりで『機械仕掛けのオレンジ』を読もうと思ったら…これも見つからない…ああ…
手放した本を読み返したくなった時、電子版でも紙媒体でもすぐ手に入るといいですけど、そうじゃないと非常に切ない気持ちになりますね。
ああでも『機械仕掛けのオレンジ』は手放すわけがないんだけどなあ…どこにあるんだ…



一時とてもたくさん訳本が出て買い集めた作家さんに、ディーン(・レイ)・クーンツがいます。
『心の昏き川』あたりで、あまりの暗さにつらくなって離れてしまったんですが、突然最近また読みたくなって新刊を探してみました。
が、発刊された形跡はある(?)のに、近所の本屋では扱いがない。
近頃は翻訳ものの文庫は、あっという間に店頭から消えるものが多いです。
(つらい)
クーンツはアメリカではベストセラー作家さんなんだけどなー…あまり日本人好みじゃないのかしら?
ないのはしょうがないので、手持ちのを順番に読み返しています。


以下、クーンツ作品に対して、かなり?のネタバレがあります。
未読小説のネタバレがお嫌いな方はご覧にならないほうが良いかも…です。




ライトニング (文春文庫)

ライトニング (文春文庫)

  • 作者: ディーン・R. クーンツ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/08/06
  • メディア: 文庫


続きを読む


タグ:Books Ringo

共通テーマ:
Saturday January 28 2017 category:

最近のこと

昨日の札幌は雨模様でした。
半端に暖かくなって雨が降ると、その後の道路状況は非常に劣悪となるので、雨は春になるまで降らないでほしい…(´・ω・`)
ブレーキかけても止まらないとかね、恐ろしいです。


最近の私は、ずーっと守り人/旅人シリーズを読んでいます。
(今、『神の守り人』を読み終えたところです)

新潮文庫版『神の守り人』の解説は児玉清さんで、こんなことを書かれていました。

そして、この物語に登場する人物たちもまた全員が上橋さんの想像上の人物であるのだが、正しい心、汚れた心、邪な心、美しい心、優しい心、人を陥れる卑しい心、疾しい心、悪い心、人間の複雑な心の襞と綾を、そして葛藤をものの見事に浮き彫りにしてくれることで、架空の物語が凄じいまでの真実の人間ドラマとして読む者の心を穿つこととなる。


確かに、守り人/旅人シリーズだけでなく、上橋菜穂子さんの作品は胸を打つ人間ドラマとして迫ってくるものばかりです。
なので、私は児玉さんの解説を解説を読みながら、そうだなあ…そうだよねぇ…と相槌を打っていたのです。
けれども、私はこの解説の中で児玉さんが苦手だと触れられた、いわゆる「SF物」や「ファンタジー物」も大好きなのです。

例えば、P・K・ディックのSFに出てくる人物やできごとはあまりリアリズムを感じるものではありません。
(まあ、SFですし…)
それでも私が好きなのは、(いや、物語自体がとんでもなくおもしろいというのもあるんですが)、登場人物の誰かにほんの少しでも共感するからなのです。
共感といったら、ちょっと違うかな…
ああ、こういう人物っているよね…と、納得できるからなのです。
児玉さんがディックをお好きだったかどうかは知らないし、別に知らなくていいんですが、ふと、「もし児玉さんがあまり好きではないと思っていらしたとしても、だからといってディックのファン(つまり私)にとって、それが自分の中の評価(あるいは好きか嫌いか)に影響するだろうか?と考えた時、ほとんど影響しないだろうな…」と思ったのです。


続きを読む


タグ:Books Ringo

共通テーマ:
Wednesday January 18 2017 category:

白と黒


白と黒 (角川文庫)

白と黒 (角川文庫)

  • 作者: 横溝 正史
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 1974/05/21
  • メディア: 文庫


これは東京?の大きな団地を舞台にした話です。
いや、東京じゃないのかも。
東京の(というか、全世界的に)地理とか地形とか、鉄道沿線とかに疎い私は、冒頭でS・Y先生が横浜球場を遠く眺める草っぱらがどこなのかさっぱりわかっていません(;'∀')
横溝先生が成城にお住まいだった…というのは知っているので、多分そのあたりなんだろうな?とは想像つくんですけど、渋谷からバスで20分ってどこなの?
などと疑問が頭の中に浮かぶんですけど、とにかく幼いころから地理・地図が苦手な私は調べることすらしていません(笑)

地図、紙に描かれたものならかろうじて読めるんですけど、Googlemapとかはいくら眺めても、知っている場所からつながった情報(ルート)として位置関係を把握できないのです…
なので、うちの車には車載ナビのほかに紙の地図が常備されています。
ブラウザのマップを一瞥して、位置関係を一瞬で把握する能力すごい…私もほしい…無理だろうけど(笑)
なんで紙だとなんとかなるのに、ブラウザだとだめなんだろうな…?
脳の作りがオールドタイプだから…?
(´・ω・`)


続きを読む


タグ:Books Mystery Ringo

共通テーマ:
Thursday January 12 2017 category:

金田一耕助シリーズ 数冊


悪魔の降誕祭 (角川文庫)

悪魔の降誕祭 (角川文庫)

  • 作者: 横溝 正史
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/08/25
  • メディア: 文庫


金田一耕助シリーズのタイトルは『悪魔の○○』が多くて、記憶力に乏しい私は本屋へ行く子供に「本、買ってきて」と頼むときに、あれ?なんてタイトルの本を頼もうと思ってたんだっけ??という状態によくなります。
実際、間違えて持ってる本を頼んでしまいました。
うちには『悪魔の手毬唄』が2冊…なんでこんな有名どころを間違えたのか私。
(おどろおどろしい杉本一文氏表紙画の文庫も持っていた(主に母が)ので、どれを持っていて持っていないのか混乱するのが…というか、結局私の記憶力のなさが原因か…)
『悪魔の降誕祭』を頼んだつもりだったんです(;´・ω・)
馬鹿すぎる。
その後、自分で買ってきました。

これは短編集で、表題作は耕助の自宅(アパートの一室)が殺人現場となってしまいます。
依頼者(予定)をみすみす殺人者の手にかけさせてしまった…という耕助の後悔から始まります。
『悪魔の降誕祭』ってなだけあって、犯人は確かに悪魔的なんですけれども、犯人像に今ひとつ深みがないのが残念かなー。
これ長編だったら、もっと悪魔的な○○になったんだろうと思うと読んでみたかった。

続きを読む


タグ:Books Mystery Ringo

共通テーマ:
Friday December 30 2016 category:

銀色の恋人


銀色の恋人 (ハヤカワ文庫SF)

銀色の恋人 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: タニス リー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 文庫

銀色の愛ふたたび (ハヤカワ文庫SF)

銀色の愛ふたたび (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: タニス リー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 文庫



私が「この小説はすごく好き!」と思うとき、おおむね3種類に分かれることが最近わかってきました(笑)

1. ストーリーが好き
2. 登場人物の誰それが好き
3. 登場人物AとBの関係性が好き

好きな理由を考えるとだいたいこれのどれかに当てはまります。
(もちろんこの複合という場合も多いのですが)

例えば…
ストーリーが好きという小説なら、ロバート・ゴダードや、フィリップ・K・ディックの作品などがこのパターン。
登場人物の○○が好きと思ったり、××に感情移入したりしますが、それよりもなによりも物語そのものが好きでたまらない小説。
『千尋の闇』『リオノーラの肖像』『流れよわが涙、と警官は言った』『ユービック』
あとなんだろうな…『渚にて』とか『幼年期の終わり』とか、SFはだいたいこのパターンが多いかも。


登場人物の誰それが好き…というのなら、「金田一耕助」「シャーロック・ホームズ」「アン・シャーリー」「チャーリイ・ゴードン(アルジャーノンに花束を)」…
話自体も好きですが、とにかく彼らが好きで何度も何度も読み返したくなる本。


続きを読む


タグ:SF Books Ringo

共通テーマ:
Friday September 09 2016 category:

最近読んだ本・数冊


巫女の棲む家 (中公文庫)

巫女の棲む家 (中公文庫)

  • 作者: 皆川 博子
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1985/08
  • メディア: 文庫

胡散臭いインチキ降霊術師と、降霊術に振り回される人々の話です。
というと、なんだかドタバタ喜劇のようですね…(;´・ω・)
あらすじを書くと、大陸に渡った少年が引き合わされたフランス人から『降霊術』を仕込まれ、成長する。
男のたった一人の肉親である姉は、戦争のどさくさで慰安婦とされ、性病をうつされたのち、何者かに撲殺される。
男は姉が死ぬ前に会いに行っており、あまりの変わりように強い嫌悪を抱き、姉を殺す夢を見る。
このことが、男の中に強く蟠っている。
日本に引き揚げてきて、男は降霊術で食べていくようになる。
ある医師が男を大変贔屓にし、そうして男の降霊術で語られた内容から新興宗教を興す。
医師の娘は、はじめのうちはそんな降霊術を毛嫌いしていたが、自分もトランス状態(神憑り)となり、巫女となる…
みたいな感じで、男のだれに向けてとも知れない鬱屈した怒りと諦念のようなもの、それから、医師の娘の、明日への確固とした足場のないような気持ちがもたらす不安さと、それを知覚したくないために一層巫女としての自分に振り回されるさまを描いた話…かな。
(書いてて、自分でも訳が分からない文章ですみません;)

読んでいて、一片の救いもありません。
こりゃやばいと思う感覚のある人たちのうち、逃げ出すだけの才覚のある人は逃げ出していくのですけれども、それのできない子供はただ巻き込まれて落ちていく。
ただただ息苦しい…
買った当時は自分が窒息させられるかのような恐ろしさに震え上がりました。
『伯林蝋人形館』の読後感もこれに近いかも。

続きを読む


タグ:Books Mystery Ringo

共通テーマ:
Sunday August 28 2016 category:

ポプラ社 ジュニア文学名作選

ike-pyon さんの 文庫で読む文学全集 の新着記事がにんじんでした。
記事を拝読して、もう懐かしくてたまらなくなりました…
子供のころ、いつも「お姉ちゃんのくせに」と言われ続けて、家族の中で疎外感を感じていた私は、このにんじんに妙な共感を抱いていたのです。
(もちろん、あそこまでひどいことをされたわけではないのですが)
大人になって、自分も大切に育てられていたことに気づいて疎外感は解消したのですけれども、あの頃の感情がそっくりよみがえって、こんなおばさんになってからでも胸がぎゅーっと引き絞られる気持ちです。
本ってすごいな。

『にんじん』は、額にツルハシが当たって血を流しているにんじんを見て倒れた兄ちゃんを、大人が大騒ぎして介抱する話が特に印象深いです(細部が違ってたらどうしよう;)
久しぶりに読みたい欲が高まっています。
買ってこよう…!


子供の頃、持っていた本はこれです↓
ポプラ社 ジュニア文学名作選 にんじん
ジュニア文学名作選 別名 アイドル・ブックス。
いや逆なのか?
古すぎて、ほとんど情報が得られません(;´・ω・)

続きを読む


タグ:Books Ringo

共通テーマ:
Tuesday August 23 2016 category:

水底の祭り

オリンピック見たり、皆川博子氏の古い文庫を読んだりしていました。
しばらく読んでいないものが多くて、本当にあらすじを忘れているものが多い…(;-ω-)


水底の祭り (文春文庫)

水底の祭り (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1986/12/10
  • メディア: Kindle版

表題作、こんな話だったっけ…
赤ん坊を抱えて振り向くお姉さん、そうだ、この本を手に入れた当時は全く理解できなくて、薄気味悪い、突き飛ばされて当然よ!(過激派)くらいに思っていたのですが、今読み返すと彼女も多面的なところのある一個の人間…というのがわかって、(おそらく)その心境に達しているであろう男の心情が想像できてつらい。
それにしても 水底の祭り というタイトルはすごいなあ…
真っ暗な絶望しか感じない。
まさに皆川世界の真骨頂…
表紙の絵がまたいい具合に不気味でステキ。
収録されている短編ではほかに、『牡鹿の首』の簾の幼さと狡さ、すがすがしいまでの自分勝手さも好みかな。
これも(というか、この短編集は)昔読んだときは、どうも今ひとつピンと来なかったのだけど。



続きを読む


タグ:Books Ringo

共通テーマ:
Monday July 25 2016 category:

読んだことのあるSF


共通テーマ:
Tuesday July 12 2016 category:

総選挙



銀背はそもそも買ったことがないので(あああ…)棄権しましたが、青背は!
青背は投票せねばなるまい…!!!

リストを眺めると、このタイトルがいまだにデジタル化されてなかったの?!という驚きがあります。
冷たい方程式とか。
ティプトリー Jr.とか。
アシモフとか。

ディック作品は選挙に勝たなくてもそのうちデジタル化されそうだなとか。
冷たい方程式はなぜか2タイトルあるとか。

本当の(?)選挙とは違って、何タイトルでも投票可能です。
私はとりあえず、読んでみたかったけど手を出しかねていた『パーンの竜騎士』とか、家にあったはずなのにいつの間にか消えていた『いさましいちびのトースター』とか、今まさに読んでるけど『十月十日では遅すぎる』とか『火星人ゴーホーム』とか、大好きな『銀色の恋人』とかに入れてみました。
この表紙、そのままデジタル化されるのかなあ…
だったらいいなあ!


青背以外にも、FTレーベルでもやってほしいなー!
シリーズ途中で買うのやめちゃってて、続き気になるのがあるのよ…
JAとかもいいなー。

01.gif
タグ:SF Books Ringo

共通テーマ:
前の10件 | -