So-net無料ブログ作成
Saturday November 19 2016 category:PC

trend micro diagnostic toolkit

毎度おなじみのバスター関連のトラブルです。
えーまた?と思われるでしょうが、えーまたなのです…
なんでうちのVAIOだけがこんなにもバスターと相性悪いのか、お尋ねしたい気持ちでいっぱいです…(´・ω・`)
(誰に尋ねるのかしらん…?)


今回は
trend micro diagnostic toolkit
なるものがCPUやディスクアクセスを占拠して、プチ フリーズを引き起こすといった状態でございました。
このtrend micro diagnostic toolkitをGoogleで調べてみると、アンインストールツールに関連したなにかだということがわかりました。
参考ページ:ウイルスバスター クラウドアンインストールツール
が、なんだってこんなものが勝手に動いて(というか暴走して)いるのかはわからない…

わからないので、サポートに連絡して尋ねてみると…
『古いバージョンが残っている可能性があるので云々…
 いったんアンインストールして云々…』
な返事。

えーまじかよ!
というか、デフラグかけるまでは何事も起こっていなかったんだけど…
ふつーに使えてたんだけど…
とか内心思いつつ、手順に従い(これ:ウイルスバスター クラウドアンインストールツール)、アンインストールしようと試みるも、できない。
できないというか、ダウンロードしてきた VB2017_110_win_jp_Tool_Uninstall.exe が、管理者権限を尋ねられてOKを押したとたん、終了してしまう。
なんなの!
なんなの、これ!
とか、逆上しかけたんだけど、思いついて

とりあえず、ウイルスバスター本体を終了させてやってみる → 変わらず

タスクマネージャーからtrend micro diagnostic toolkitを終了させてやってみる → 起動した

あとは手順通り。
再ダウンロードしてきたバスター本体も入れなおして、手動アップデート、それからFirefoxを開いたら「アドオン入れるか?」とか聞いてきたんで無視。
(一回入れたことがあるんだけど、重くてたまらんかったっすよ…)


うーん、全体的にちょっと軽くなった…かも?
怪我の功名といえなくもない…?
いやいや、最初からエラーも起こさず、軽いままで動くのが一番でしょう…


今回の教訓
trend micro diagnostic toolkitが暴走している場合は、アンインストール→再インストールらしいですよ…


それにしても、なんだってこうも毎回毎回バスターがらみのトラブルが起こるのか…
次回更新は本気で考えたほうがいいのかもなあ。
(今までは本気じゃなかったのか、と問われると、まあ先の話だしいいか!と安直に考えていた節があります)
ノートンかカスペルスキーかなあ…どうしよ。




共通テーマ:パソコン・インターネット