So-net無料ブログ作成
前の3件 | -
Sunday June 10 2018 category:

しろくまちゃんのほっとけーき


しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

  • 作者: わかやま けん
  • 出版社/メーカー: こぐま社
  • 発売日: 1972/10/15
  • メディア: ハードカバー


(もしかしたら万が一にも)このブログの更新があったときにいつでもいらしてくださる方は、このところ絵本ばかりだなーと思われていることでしょう…
最近、よんどころない事情で子供がいったん帰省してきたのですが…
帰ってきた(∩´∀`)∩わーい!!という気持ちと、(現住所に)帰ってっちゃって再びがっかり…な気持ちに襲われたので、今回は絵本を眺めてばかりいるのです(;'∀')

整理するほどはもう絵本も児童書も残っていないのですが(近くの図書館に寄付したり、欲しいという方に差し上げました)、手元に残したものは彼が幼少時、とてもとても気にっていた絵本ばかりなので、眺めていると鮮明に読み聞かせした頃のことを思い出したりなどして心が和みます。

『こぐまちゃんのほっとけーき』もそのうちの1冊です。


話は単純で、小さな「しろくまちゃん」がお母さんのお手伝いをして、ホットケーキを焼くというものです。
冷蔵庫から卵を出すときに落として割ってしまったり(叱られません)、お母さんが卵と牛乳を混ぜるのを眺めていたり、小麦粉などの粉類を混ぜてみたり…
3歳ぐらいの子供なら、1回ぐらいはやったことがあるかも?という内容なのです。

続きを読む


タグ:Ringo こどもの本

共通テーマ:
Thursday June 07 2018 category:

あれこれ たまご


あれこれ たまご (かがくのとも絵本)

あれこれ たまご (かがくのとも絵本)

  • 作者: とりやま みゆき
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2007/05/10
  • メディア: ハードカバー


これも関西弁(なのはわかるんですが、詳しい地域はわからない道産子)のリズムが楽しい絵本です。
畳みかけるように"たまご"のおしゃべりが続きます。

なぁ しっとった?  たまごは みんな おぎょうぎ ええねん。
いっつも せいれつ。いっつも せいざ。
とがった おしりが いつも した。

ページをめくって、

たまごには みんな
していせき あるねん。
スーパーで いちばん ええ ばしょやで。
いっつも かどっこ。いっつも まんまえ。
おきゃくに いちばん めだつ とこ。

こんな風に子供たちに語り掛けてきます。
お客に買われていった先で冷蔵庫に入れられて、それからいろんな料理に変身します。

続きを読む


タグ:Ringo こどもの本

共通テーマ:
Tuesday June 05 2018 category:

『チョコレートパン』のリズム


チョコレートパン (幼児絵本シリーズ)

チョコレートパン (幼児絵本シリーズ)

  • 作者: 長 新太
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: 単行本


これは チョコレートの いけ。

で始まる摩訶不思議なお話。
チョコレートの池にパンたちがたくさんやってきて浸かり、チョコレートパンになっていく。
次に象がやってきて、自動車もやってきて、ほかの動物たちも…というところで、チョコレートの池が

パンだけです あとはいけません
い け ま せ ん

と宣言し、終わるというそれだけのお話です。

作者の長新太さんはナンセンスな絵本を多く書く方で有名ですが、うちではこの『チョコレートパン』と『ごろごろにゃーん』の2冊だけ持っていました。
子供は『ごろごろにゃーん』よりも『チョコレートパン』が好きで、幼稚園を卒園するまでくりかえし「これ読んで」とせがまれました。
毎月絵本を買っていたので、じゃあほかの長新太さんの絵本でも買おうか…と思って試しに読んでみても、『チョコレートパン』ほど響かないのです。
(『チョコレートパン』の次点に『ごろごろにゃーん』でした)
私は好きになった作家さんの本は「作家買い」をするタイプなので、幼いころの彼の読書傾向がよくわからなくて不思議だなーと思っていたのですが、昨日(というか今日の夜中)に自分も子供の頃には作者で本を選んでいなかったということに気づいて驚きました。
(いつから作家買いをするようになったんだろう…と思い返してみると、自分のお小遣いでいわゆる「マンガ単行本(コミックス)」を買うようになったころからだ…ということに気づきました…どうでもいい話ですみません;)

続きを読む


タグ:Ringo こどもの本

共通テーマ:
前の3件 | -